十日市場駅

初回無料相談

お問い合わせ

0120-692-916

受付・営業時間 8:30~17:30 (平日)

コラム

2021.04.12
~会社の基礎知識~ クラウド会計ってそもそも何?

最近、CMなどでもよく見るクラウド会計について皆さん、どれくらいご存じでしょうか。
今回は、クラウド会計とは何か。また、どんなメリットやデメリットがあるのかを解説します。

 

 

 

クラウド会計とは

クラウド会計とは、インターネットに接続できる環境さえあれば、いつでも会計処理を行うことが出来る会計システムのことを表します。
従来の会計ソフトは、ソフトウェアを購入し、それぞれのパソコンにインストールしなければ使用できませんでした。
これに対しクラウド会計はソフトウェアそのものを購入するのではなく、サービス提供会社に対して使用料を支払うことで、インターネット経由で利用できる会計システムになります。
では、なぜこのクラウドシステムが従来の会計ソフトと比べ、業務の向上が見込めるのでしょうか。

クラウド会計のメリット

クラウド会計にはメリットがたくさんあります。

1. ネットバンキングやクレジットカードとのデータ連携

会計ソフトの入力作業でかなりの割合を占めているのが銀行口座やクレジットの入出金ではないでしょうか。
クラウド会計は、ネットバンキングやカード会社のデータと紐づけを行い、自動的に明細を反映させることが可能です。

2. どこでもシステム利用可能

従来の会計ソフトだと一般的に、会社あるいはインストールしたパソコンでしか利用できないというのが当たり前でした。
しかしクラウド会計ならばインターネット環境とパソコンさえあればいいので場所を選びません。
テレワークが推進されている世の中に最適なシステムですね。
データの安全性に関しても、高レベルのセキュリティーでデータが管理されていますので、むしろ自社のサーバーで管理するよりも安全性は高いと言えます。

3. リアルタイムでデータを共有できる

インターネット経由で利用するソフトなのでリアルタイムでの情報共有が可能です。
支店ごとの状況などをリアルタイムで把握することで経営戦略の判断材料とすることが出来るでしょう

クラウド会計のデメリット

もちろん、デメリットも存在します。

1. 維持費がかかる

クラウド会計はソフトそのものの購入ではなく、月額使用料を払いながら利用するサービスなのでソフトウェアを購入するよりコストがかかる場合が多いです。

2. ネット環境がない場合、利用できない

今の時代、ネット環境がないということは中々ないでしょうが、インターネットにつながらなければ利用はできません。

まとめ

クラウド会計についてどんなものか知ることはできたでしょうか。

従来の経理方法から新しいシステムに変えるのは正直な所、大変です。
慣れないシステムで効率が逆に悪くなると思われる方もいらっしゃるでしょう。
ただ、時代もIT化が進んでおり、いずれこういったクラウド会計が主流になっていきます。
早期にクラウドシステムを導入し、時代に適応していきましょう。

弊社ではクラウド会計の導入支援を行っております。
もし、興味を持たれたら是非弊社へお問い合わせください。

この記事を担当した税理士
株式会社YMG コンサルティングラボ 小池 和気
保有資格日商簿記2級
専門分野税務・会計
経歴調理師としてホテルで働いていた経験あり。他業種での経験を活かし、お客様の相談に乗る。税理士を目指し勉強中。
専門家紹介はこちら

0120-692-916

受付時間:8:30〜17:30(平日)

経理サポートメニューsupport menu
弊社サービスのご利用の流れ

最新コラムcolumn

経理・労務で経営者へ
バックオフィス業務の改善に役立つノウハウ情報をお伝えします!

もっと見る
PAGETOP